Categories

AOAV: all our reportsExplosive Violence Monitor report translationsJapanese/日本語Explosive violence research

驚くべき真実:2019 年における 爆発兵器の使用

レポート全文を読む
世界中で死亡または負傷した人々
総死傷者数: 29,485
殺された人の総数: 13,169
負傷者の総数: 16,316
民間人
殺された民間人の数: 6,476
負傷した民間人の数: 12,925
死亡または負傷者の 66% は民間人でした
武装した俳優
殺された武装勢力の数: 6,693
負傷した武装勢力の数: 3,391
人口密集地域
人口密集地域で死亡した人の総数: 6,849
人口密集地域での負傷者の総数: 12,949 人
人口密集地域で殺された民間人の数: 5,802
人口密集地域で負傷した民間人の数: 12,108
人口密集地域で死亡または負傷した人の 90% は民間人でした
子供
死亡または負傷した子供の数 (記載されている場合): 2,021
性別
死亡または負傷した民間人の 20% は女性でした (記載されている場合)。
武器の種類
民間人の全犠牲者のうち、28% が空爆によって死亡または負傷した
民間人の全犠牲者のうち、20% が地上攻撃によって死亡または負傷した
民間人の全犠牲者のうち、47% が IED に​​よって死亡または負傷した
国
爆発兵器による死者と負傷者の総数に関して影響を受けた上位 5 か国 (影響の多い国から少ない国へ):
アフガニスタン、シリア、イエメン、ソマリア、イラク
爆発兵器による民間人の死亡者数および負傷者数に関して影響を受けた上位 5 か国 (影響の多い国から少ない国へ):
シリア、アフガニスタン、イエメン、ソマリア、リビア