Categories

AOAV: all our reportsExplosive Violence Monitor report translationsJapanese/日本語Explosive violence research

驚くべき真実:2022 年における 爆発兵器の使用

レポート全文を読む

主な調査結果

  • 2022 年、AOAV は 4,322 件の事件で爆発兵器による 31,273 人の死傷者を記録しました。
  • これらの死傷者のうち、20,793 人が一般市民であり、全体の 66% を占めています。これは、2018 年以降に記録された民間人への危害の最高レベルを示しています。
  • 報告書によると、爆発兵器の使用による民間人の死傷者は、ウクライナでの戦争により、昨年 83% も急増しました。 AOAV は、ウクライナだけで 10,351 人の市民の死傷者を記録しました。
  • 人口密集地域で使用された爆発兵器は、民間人の死傷者の 90% を占めていましたが、他の地域では 12% しか占めていませんでした。
  • AOAV は、人口密集地域で 19,632 人の民間人が死亡または負傷したことを記録しました。これは、世界的に報告された民間人の死亡および負傷の 94% に相当します。
  • 事件ごとに負傷した民間人の平均数は、2021 年の 4.5 人から 2022 年には 4.8 人に増加し、7% の増加を示しています。
  • 爆発的暴力による女性の民間人犠牲者の報告は、2021 年の 744 人から 2022 年の 756 人に 1.6% 増加し、2022 年の報告された女性の犠牲者は、民間人の全犠牲者の 4% を占めました。
  • 報告された子供の死傷者数は、2021 年の 1,419 人から 2022 年には 1,146 人に 19% 減少し、爆発的暴力による子供の死傷者数は、2021 年の 13% から 2022 年には 5% に減少しました。
  • ウクライナ、アフガニスタン、シリア、ソマリア、エチオピアでは、2022 年に世界で最も多くの民間人の死傷者が出ました。
  • 2022 年の一般市民の犠牲者の 78% は製造された爆発兵器によるもので、21% は簡易爆発装置 (IED) によるものでした。
  • 民間人犠牲者の 52% は地上発射の製造爆発兵器によるもので、空中発射爆発兵器は 19% を占めています。
  • 1 回の空爆で被害を受けた民間人の平均数は 5.6 人から 7.5 人に増加し、34% 増加しました。
  • インシデントは、2021 年より 3 つ多い、世界中の 60 の国と地域で記録されました。